異国の地で働く

夫の転勤でマレーシアに来た私。 こちらで住み始めて半年は家事をするだけでした。 夫が会社に出かけたら、私は二度目の睡眠をしてお昼に起きるというだらけた生活を送っていました。 こんな生活を送っていたある日に、我が家に知り合いが訪れました。

私がマレーシアに移住してから初めてのお友達です。 異国の地に住む女性なのですが、とてもおおらかな性格ですぐに仲良くなりました。 そんな彼女が私の仕事を短期間でいいので手伝ってくれないかと頼まれました。

私も毎日暇だったので手伝うことにしました。 マレーシアに移住する前はバリバリの営業職をしており、成績も上位3位に入るほど仕事はできました。 などで、久しぶりにできる仕事にワクワクしました。

彼女は会社のコンサルタントをしており、コンサルタントするときに必要な書類を作ってほしいということでした。 会社では書類の作り方を一通り学んでいたので、3日程度で作ることができました。 彼女もとても喜んでくれました。 そんなことがあってから、やっぱり異国の地でも仕事がしたいという願望が強くなりました。

そこでマレーシアでお仕事を探すことにしました。 実は、上記の女性に引き続き仕事を手伝ってほしいと頼まれましたが、どんな仕事があるのかを知りたかったので、仕事探しをすることにしました。

ただ、どこに行けば、募集のある会社が見つけることができるのかさっぱりわかりませんでした。 日本だったら、アルバイト情報誌が無料で発行されているのでそれを見て、希望の仕事を見つければいいです。 マレーシアにはそんな情報誌があるのかわからず、地元を散歩しながら、募集している会社がないかを見つけつことにしました。

すると、会社みたいなところに「現在、女性で働ける人を募集しています。年齢、スキル問いません」という張り紙を見つけてしまいました。 そんな職種なのかもわからないのに、この仕事しかないと思い、面接をしてもらえるように頼みに行きました。 すると、そこの社長さんが日本人で私と同じでマレーシアに移住した人でした。

そんなことですぐに採用してもらうことができました。 本当にラッキーでした。 その会社にお世話になって4年になります。 今では重要なポストに就いてバリバリ仕事をしています。 マレーシアの人は本当によく働きます。 私も負けないように頑張りたいと思います。

カテゴリー